2014年12月08日

橋本不二子 バラとラズベリー (5) & 薔薇の名前 byウンベルト・エーコ

前回
DSC_0591.jpg


NEW 矢印
DSC_0610.jpg

右下の薄桃色のバラが出てきました

そういえば偶然に バラ繋がりで 
薔薇の名前 という本を読んでいます

薔薇の名前』(ばらのなまえ、イタリア語原題:Il Nome della Rosa)は、ウンベルト・エーコ1980年に発表した小説。1327年教皇ヨハネス22世時代の北イタリアカトリック修道院を舞台に起きる怪事件の謎をフランシスコ会修道士バスカヴィルのウィリアムとベネディクト会の見習修道士メルクのアドソが解き明かしていく。ウィキペディアより引用


上巻と下巻に分かれた長編で、映画化もされています
上巻を読み終えて下巻に入ったところの進み具合ですが
宗教論争の部分は辛かった〜 というか 飛ばしましたw

登場人物が多いし分かりにくいしで ノートに書き出しましたよ
3つ目の事件が起きたけど まだ続きそうな予感が・・・・
時代背景と宗教論争の複雑さが足手まといになりながらも
犯人探しのワクワク感とスリル感に惹きこまれます




posted by MISTY at 13:31| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クロスステッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。