2011年08月15日

お盆のつり飾り 完成しました

DSC06912.1.JPG

100円ショップでつり下げる輪を調達して
中心と周りに5本で計6本にお細工物を通してバランスを見てつるし
輪のサイズに合わせて布幕を縫って仕上げました

初盆は来年ですが お線香をあげに来てくださる方が結構います
目と足の悪い母親一人では 応対ができないので
私たち家族が一緒に接待しました

来客の接待も大切ですが こちらからも伺わなくてはならないので
父方の実家と父の知り合いの初盆に代理で行ってきました
母方の実家は今年は事情ができて伺うことが出来ないようでした

ひとまずお盆に間に合わせることが出来て ほっとしています
posted by MISTY at 11:07| 栃木 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ちりめん細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

お盆のつり飾り 続き。

去年の4月頃から 
http://88misty88.seesaa.net/article/147455221.html?1312770518
で 記事にして ずっと放置していた
お盆のつり飾りの続きを作り始めました

父の死の前までは
実家にもこの家にもお仏様はいないし そのうちに作ればいいかな
みたいな気持ちで 他の手作りを優先していたのです

初盆は来年ですが 今年のお盆はもうすぐだし
それに間に合えばいいかなと思って始めました

本に載っている見本とは 少し内容が違いますが
以前に作ったものを入れて36個にして
新しくうろこ(三角)6個と房を作って仮置きしてみました

DSC06905.JPG

吊り下げる輪をどこかで調達してこないと・・・
100円ショップとかに 手ごろなものがないかな ヽ(~〜~ )ノ ハテ?


参考図書 
【送料無料】ちりめんのお細工物

【送料無料】ちりめんのお細工物
価格:1,890円(税込、送料別)

posted by MISTY at 11:47| 栃木 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ちりめん細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

【ちりめん細工】朝顔袋 作り方プロセス付き

今日の陽気はまるで夏でしたね晴れ
本当の夏もそろそろです
夏の朝と言えば朝顔 
朝顔袋
です

@ 内花弁 紫と白 を交互に縫い合わせて輪にします
このとき花弁白どうしが隣り合う部分も同時に縫います
先端にしべが入るスペース用に少し縫い残します
DSC05132.JPG

A 外花弁を中表に縫い合わせます
返し口になるので 最後は合印から下を縫い残します
このとき、縫い代部分に折りくせをつけておくと
後で閉じ合わせるときに楽です
DSC05134.JPG
DSC05204.JPG

B 内花弁と外花弁を中表に縫い合わせます
黄色の打ちひもでしべを作り、内花弁に縫いとめます
DSC05136.JPG
DSC05137.JPG

C 内袋とがくをつけた口べり布を型紙通りに作ります
外花弁の縫い代を割ってアイロンで押さえておきます
外花弁、内袋を出来上がり線で折り、口べり布を重ねて縫います
DSC05139.JPG

D 口べり布を輪にして突合せにまつります
折り返した部分に押さえ縫いをします
DSC05141.JPG

E 内袋を輪に縫い、底を等分して縫いしぼります
見えない部分なので綿が抜けなければ良しとします決定
DSC05142.JPG

F Aで縫い残した部分を縫い、がくを折り上げて押さえ縫いをします
口べりのあきの部分を閉じ合わせます
DSC05144.JPG

G 四角に切った布を三角に3回折ってねじります
形を整えてボンドで固めます
根元に糸をきつく巻いてがくを縫い付けます
DSC05166.JPG
DSC05167.JPG

H ワイヤーを入れた打ちひもを通し、葉を付けます
葉にアウトラインステッチで葉脈を入れます
内袋に綿を詰めます


出来上がり
DSC05145.JPG

DSC05205.JPG
posted by MISTY at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ちりめん細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。